アメリカでは1990年代から行われている

レーシック手術をあなたは知ってでしょうか。1990年代からアメリカでは行われる手術で既に毎年130万件以上の症例があるのです。コンタクトレンズやメガネに代わる視力回復手術として認知されますし、歯科治療くらいの気軽さで入院の必要もありませんので手術を受けられているのです。2001年に日本でも厚生労働省の認可がおりて急速に広まってきた。専門のクリニックも今ではでき、すべての人が毎年手術を受けましています。レーシック手術は新たな手術だから、20年後がたとえると心配と言う方もおられますが、20年以上前からアメリカでは行われる手術なので安心して受けることが出来ると言えるのでしょう。具体的にレーシック手術とはどんなことをして視力を回復させていますのだろうか。眼球の角膜を少し切開し、開閉式のフラップとよばれる蓋を制作します。空き缶をちょうどビジョンしてもらえると理解しやすいかと思う。エキシマレーザーという特種なレーザーを開いたところへあて、視力を角膜の屈折率を変えることで矯正する手術です。技術の進歩と機器の進化により、近頃はより個人の目の形状に合わせた安全で効果の高い手術方法が出来てきています。どういうにレーシック後の生活は変化するでしょう。月に数千円もワンデー方式のコンタクトレンズでしてしまったのでかかっていたんですけど、いまはゼロ円です。周りが朝起きた瞬間からよく見えますので清々しいですよ。気兼ねなくスポーツもできるようになってしまいましたし、裸眼ですのでコンタクトの時代より瞬きの回数も増え、ドライアイ気味だったんですが治ってきたようです。コンタクトが入らずにメガネで特に花粉の時期は出勤してましたのですが、そうした心配をもうしていかなくていいのはうれしいことですのです。メリットはコンタクトをやめてレーシックにするだけで沢山あげられます。